補助金一覧

補助金名 目的・概要 対象者 募集期間
【中部経済産業局】令和2年度「商店街活性化・観光消費創出事業」

商店街を活性化させ、魅力を創出するため、本事業では、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等といった、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込む商店街等の取組を支援することにより、地域と連携して魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、消費の喚起につなげることを目的としております。

商店街等組織又は商店街等組織と民間事業者の連携体
※連携体を構成する商店街等組織と民間事業者は、それぞれ複数であっても構いません。その場合は連名にて申請してください。なお、経費の負担や事業の役割分担等、実態の伴った連携体である必要があります。詳しくは、「募集要領」をご確認ください。

<jGrantsによる本補助金申請に係る注意事項>
※法人番号が取得できない方(任意団体など)は、jGrantsによる申請はできませんので、郵送・宅配便等又は電子メールにて提出ください。
※jGrantsで連携体が申請する場合、代表者を1名決め、当該代表者が申請手続を行ってください。なお、代表者は連携体に対して補助金手続に関する一切の責任を負うこととなりますので、あらかじめ了承の上、jGrantsをご利用ください。
※jGrantsを利用するにあたり、gBizIDプライムの取得が必要です。gBizIDプライムの申請受付状況によってはID取得までに1か月程度の期間を要する場合がありますので余裕を持って準備してください。
※jGrantsの利用の有無は採択審査には影響しません。

  • 農業,林業
  • 漁業
  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業
  • 卸売業,小売業
  • 金融業,保険業
  • 不動産業,物品賃貸業
  • 学術研究,専門・技術サービス業
  • 宿泊業,飲食サービス業
  • 生活関連サービス業,娯楽業
  • 教育,学習支援業
  • 医療,福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 公務(他に分類されるものを除く)
  • 分類不能の産業
  • 事業計画
  • 起業
  • 雇用・人材
  • 知的財産管理
  • 設備投資
  • 研究開発
  • 販路開拓
  • 海外展開
  • 官公需
  • 社会保障・福利厚生
  • CSR
  • 事業再生
  • 事業承継
  • 廃業
従業員300名以下
-
【四国経済産業局】令和2年度「商店街活性化・観光消費創出事業」

商店街を活性化させ、魅力を創出するため、本事業では、近年大きな伸びを示しているインバウンドや観光等といった、地域外や日常の需要以外から新たな需要を効果的に取り込む商店街等の取組を支援することにより、地域と連携して魅力的な商業・サービス業の環境整備等を行い、消費の喚起につなげることを目的としております。

商店街等組織又は商店街等組織と民間事業者の連携体
※連携体を構成する商店街等組織と民間事業者は、それぞれ複数であっても構いません。その場合は連名にて申請してください。なお、経費の負担や事業の役割分担等、実態の伴った連携体である必要があります。詳しくは、「募集要領」をご確認ください。

<jGrantsによる本補助金申請に係る注意事項>
※法人番号が取得できない方(任意団体など)は、jGrantsによる申請はできませんので、郵送・宅配便等又は電子メールにて提出ください。
※jGrantsで連携体が申請する場合、代表者を1名決め、当該代表者が申請手続を行ってください。なお、代表者は連携体に対して補助金手続に関する一切の責任を負うこととなりますので、あらかじめ了承の上、jGrantsをご利用ください。
※jGrantsを利用するにあたり、gBizIDプライムの取得が必要です。gBizIDプライムの申請受付状況によってはID取得までに1か月程度の期間を要する場合がありますので余裕を持って準備してください。 
※jGrantsの利用の有無は採択審査には影響しません。

  • 農業,林業
  • 漁業
  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業
  • 卸売業,小売業
  • 金融業,保険業
  • 不動産業,物品賃貸業
  • 学術研究,専門・技術サービス業
  • 宿泊業,飲食サービス業
  • 生活関連サービス業,娯楽業
  • 教育,学習支援業
  • 医療,福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 公務(他に分類されるものを除く)
  • 分類不能の産業
  • 事業計画
  • 起業
  • 雇用・人材
  • 知的財産管理
  • 設備投資
  • 研究開発
  • 販路開拓
  • 海外展開
  • 官公需
  • 社会保障・福利厚生
  • CSR
  • 事業再生
  • 事業承継
  • 廃業
従業員300名以下
-
産油国等連携強化促進事業費補助金(石油天然ガス権益・安定供給の確保に向けた資源国との関係強化支援事業のうち中東等産油・産ガス国投資等促進事業(ロシア等産油・産ガス国投資等促進事業))

本事業では、ロシア等産油・産ガス国における投資環境等に関する調査及び同地域との企業間交流を図るためのミッション派遣やセミナー開催等の事業を実施し、同地域への投資促進等を通じた経済関係強化を図り、もって、我が国の企業活動にとっても必要不可欠な石油・天然ガス等を中心とした資源エネルギー源の安定供給に資することを目的とします。
※補助金の対象として、「従業員数900名以下」と表示されていますが、本補助金の対象として従業員数の制限がありません。
※支援カテゴリーに複数の分野が表示されていますが、本補助金の対象として、分野の制限がありません。
 

本補助金の目的に合った事業を行う者。

  • 農業,林業
  • 漁業
  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業
  • 卸売業,小売業
  • 金融業,保険業
  • 不動産業,物品賃貸業
  • 学術研究,専門・技術サービス業
  • 宿泊業,飲食サービス業
  • 生活関連サービス業,娯楽業
  • 教育,学習支援業
  • 医療,福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 公務(他に分類されるものを除く)
  • 分類不能の産業
  • 販路開拓
  • 海外展開
従業員900名以下
-
令和2年度質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能背調査事業費補助金

我が国の優れた技術・ノウハウを活かしたインフラを相手国における関係者に提案するため、その事業実施可能性調査を補助します。インフラの受注や事業化を目指し、事業実施可能性調査を行うものを対象とします。本事業は、エネルギー起源CO2の削減効果が期待される事業が対象です。

※補助金の対象として、「従業員数900名以下」と表示されていますが、本補助金の対象として従業員数の制限がありません。

公募要領で定める条件を満たす者

  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業
  • 卸売業,小売業
  • 金融業,保険業
  • 不動産業,物品賃貸業
  • 宿泊業,飲食サービス業
  • 生活関連サービス業,娯楽業
  • 教育,学習支援業
  • 医療,福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 公務(他に分類されるものを除く)
  • 分類不能の産業
  • 海外展開
従業員900名以下
-
令和2年度質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業費補助金

我が国の優れた技術・ノウハウを活かしたインフラを相手国における関係者に提案するため、その事業実施可能性調査を補助します。インフラの受注や事業化を目指し、事業実施可能性調査を行うものを対象とします。

※補助金の対象として、「従業員数900名以下」と表示されていますが、本補助金の対象として従業員数の制限がありません。

公募要領で定める条件を満たす者

  • 鉱業,採石業,砂利採取業
  • 建設業
  • 製造業
  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 情報通信業
  • 運輸業,郵便業
  • 卸売業,小売業
  • 金融業,保険業
  • 不動産業,物品賃貸業
  • 宿泊業,飲食サービス業
  • 生活関連サービス業,娯楽業
  • 教育,学習支援業
  • 医療,福祉
  • 複合サービス事業
  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 公務(他に分類されるものを除く)
  • 分類不能の産業
  • 海外展開
従業員900名以下
-
令和2年度皮革産業振興対策事業費補助金

中小皮革産業の健全な発展に寄与することを目的としています。

応募資格は、次の要件を満たす者とします。
①日本に拠点を有していること。
②皮革・皮革製品関連の業界団体及び皮革・皮革製品関連の4社以上で構成される事業者グループ(法人格の有無は問わない。本公募要領1-6を参照のこと。)であること。

  • 製造業
  • 卸売業,小売業
  • 事業計画
  • 研究開発
  • 販路開拓
  • 海外展開
従業員300名以下
-
技術協力活用型・新興国市場開拓事業(研修・専門家派遣事業)費補助金

我が国企業の海外展開に必要となる現地拠点強化を支援、開発途上国における民間企業等の現地の人材育成。
 

次の要件を満たす企業・団体等とします。
※コンソーシアム形式による申請も認めますが、その場合は幹事を決めていただくとともに、幹事が事業提案書を提出して下さい(ただし、幹事が業務の全てを他の企業・団体等に再委託することはできません)。
①日本に拠点を有していること。
②本事業を的確に遂行する組織、人員等を有していること。
③本事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、かつ、資金等について十分な管理能力を有していること。
④経済産業省からの補助金交付等停止措置又は指名停止措置が講じられている者ではないこと。
なお、従業員数の制限はありません。

  • 分類不能の産業
  • 海外展開
従業員900名以下
-
社会課題解決型国際共同開発事業(ビジネスサポーター支援事業)

アフリカ等の開発途上国におけるビジネスサポーターへ助成を行うことで、開発途上国の社会課題の解決及び中堅・中小企業の海外展開を促進する。

ビジネスサポーターが、アフリカ等の開発途上国での事業展開を目指す中堅・中小企業を支援し、海外展開する企業の裾野拡大を目指す事業が補助対象となります。

想定する事業の例は以下のとおり。

  • 現地ニーズの掘り起こしから、ニーズに合致する中堅・中小企業への繋ぎ、現地でのビジネスサポートまでを行う事業
  • 現地スタートアップとの協業を通じてビジネス創出を目指す中堅・中小企業の側面支援を行う事業

 

また、以下のア、イを満たす事業とします。

 ア)新たに現地展開を目指す者の支援を主目的に取り組む事業であること。

 イ)早期(補助事業終了後概ね2年以内)に事業化を目指す事業であること。

 

※以下の従業員数の欄に「従業員900名以下」と表示していますが、従業員数が900名を超える企業も応募いただけます。

  • サービス業(他に分類されないもの)
  • 販路開拓
  • 海外展開
従業員900名以下
-