社会課題解決型国際共同開発事業(ビジネスサポーター支援事業)

目的・概要(サマリ)

 本事業では、アフリカ等の開発途上国におけるビジネスサポーターへ助成を通じ、ビジネスサポーターの育成と具体的なBtoBビジネス成功事例の創出を目指します。

目的・概要

 新興国市場の開拓を目指す日本の中堅・中小企業にとって、中長期の戦略を考える上では、アフリカ等、中国・ASEANの次の新興国市場にも目を向けていくことが重要です。こうした地域では、依然として消費者の購買力が低く、消費者層向けに展開するBtoCビジネスの成功は、中堅・中小企業にとって極めて難易度が高い一方で、産業発展に伴い、特に産業機器のような日本企業のBtoB製品・サービスに対する潜在的なニーズが広く存在し、大きなビジネスチャンスが存在しています。
しかし、アフリカ等の新興国では、中国・ASEANと異なり、こうした現地ニーズと日本企業を繋ぎ、現地展開を成功に導くことが出来るサポート主体(以下「ビジネスサポーター」という)がおらず、多くの日本企業がビジネスチャンスを逃しているのが実情です。今後日本企業の市場参入を促すためには、ビジネスサポーターの育成および、具体的なBtoBビジネス成功事例の創出、が必要不可欠となっています。
本事業では、アフリカ等の開発途上国におけるビジネスサポーターへ助成を通じ、ビジネスサポーターの育成と具体的なBtoBビジネス成功事例の創出を目指します。
 

対象者

 アフリカ等の開発途上国でのBtoB製品・サービスの事業展開を目指す中堅・中小企業(※以降、「支援対象企業」とする)と現地ニーズを繋ぎ、支援対象企業の現地展開事例の創出を目指すビジネスサポーターの事業が補助対象となります。

また、以下を満たす事業とします。

  • 提案する事業が、早期(補助事業終了後概ね2年以内)に事業化を見込めること。
支援カテゴリー
販路開拓
海外展開
従業員数
従業員の制約なし
業種
分類不能の産業
問い合わせ先

〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 貿易経済協力局 技術・人材協力課
担当:足立、近藤

様式の添付ファイル
募集期間
-
事業終了期限
備考
 
参照URL